新入職員のひとこと

  • HOME »
  • リハビリテーション » 新入職員のひとこと

理学療法士 田頭 直裕(平成 27年度4月入職)

入職の動機 rehab.

私は因島で生まれ育ち、県外の専門学校へ進学しましたが、因島で就職し、生まれ育った地域に少しでも貢献したいという気持ちがありました。

因島医師会病院は通所リハビリテーションや介護老人保健施設ビロードの丘、在宅ケアセンターなども併設されており入院中のリハビリだけでなく患者様の退院後の生活にも関わっていける環境が整っており魅力を感じました。また、病院見学でリハビリテーション室の様子を見たときスタッフや患者様が笑顔でイキイキとリハビリをされており、私もここで働きたいと思い就職を希望しました。

職場の印象

リハビリテーション科は人数も多いですが、新人歓迎会や納涼会、忘年会などスタッフ同士の交流が多く働きやすい環境だと思います。 また、入職して直ぐは不安や疑問も多かったですが、新人一人一人にプリセプターが付き業務の質問や悩みの相談ができやすい環境だと感じています。また、科内の勉強会や症例報告会、学術大会などもあり、日々刺激を受けながら働ける職場だと感じています。

言語聴覚士 福本 真理恵(平成 29年度4月入職)

rehab. 入職の動機

数年前に当院で働いていましたが、結婚して因島を離れることになり退職しました。この度、こちらに戻ってくることになり、以前働きやすかったことからもう一度こちらの病院で働きたいと思い再就職を希望しました。

職場の印象

日々の臨床業務に加え、地域・教育・研究といった様々な事にも取り組んでいます。近年注目されている舌圧の研究も活発に行われ、学術大会にも積極的に参加しています。

また、「言語友の会あけぼの会」では、コミュニケーション障害を持った会員様やご家族様とともに年に1度旅行も続けています。セラピストも多いので、困った時は相談しやすい環境も整っており、働きやすい職場なので私も以前と同じように 1日も早く職場に馴染みたいと思っています。

作業療法士 舟橋 優佑(平成 26年度4月入職)

rehab. 入職の動機

地元である尾道に就職したいと思い、学校の先生、家族に相談し当院の事を知りました。

当院について調べていくと、介護老人保健施設(ビロードの丘)や小規模多機能型居宅介護支援事業所(うみかぜの丘)と隣接した病院で、それらの施設と密接に連携しており、地域に根付いた地域医療に尽力していることを知りました。

その後、実際に当院を見学する中で、雰囲気の暖かさ、患者様に対する些細な気遣い、そして何事にも熱心に取り組む姿勢に感銘を受けました。

私も因島医師会病院のスタッフの一員として、地域の方々が日々の生活に生きがいや希望を持ち、毎日を「笑顔」で過ごせるようなリハビリテーションを行いたいと思い当院へ就職することを決めました。

職場の印象

セラピスト同士は仲良く、気さくに接して下さるため日々の診療で生じた疑問や悩みを気軽に相談することができ、親身に考えて答えて下さり、とても勉強になります。

また、OTとPTのセラピストが同じ部屋で診療されているため、セラピスト間での情報交換がしやすい環境にあります。

病院にはソフトボール部、フットサル部といった運動部や、書道部、写真部といった文化部があり、部署の垣根がなく他職種の方々とも関係性が築きやすく、とても働きやすい職場だと感じました。

PAGETOP
一般社団法人因島医師会因島医師会病院
〒722-2211 広島県尾道市因島中庄町1962
0845-24-1210  FAX. 0845-24-3466