これからの日本は、少ない資源を活用しながら、質の高い医療、介護を提供していくことが求められています。
そのためには、多職種間で円滑なコミュニケーションをはかり、顔が見える関係性を築き、多様なニーズにより良く対応することが重要となります。
院内教育委員会が主催し、今回は多職種連携についての研修会を開催しました。
テーマは「高齢者の普段の暮らしを維持するために何ができるだろう?」と題しました。
日本医師会のホームページの「地域包括ケアと多職種連携」の症例検討をWEB視聴し、グループワークを行いました。
今回の研修会は、当院看護職員だけでなく、リハビリのセラピスト、医師会在宅ケアセンターの職員や介護老人保健施設ビロードの丘の職員も多数の参加があり、様々な視点で意見交換ができ、多職種連携の重要性を改めて実感することができました。
多職種が必要な情報を意図的に共有し、対象者により良い支援を提供できるように、今後も多職種連携についての研修会が開催できたらいいなと思いました。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

企画担当者 教育委員会 阿部 仁美